2009年12月18日

エキノコックス症をめぐるキツネと人間

エキノコックス症をめぐるキツネと人間

 現在、北海道ではキツネが媒介するある病気のために、彼らと人間との関係が非常に微妙なものになっています。この病気をエキノコックス症といいます。

 エキノコックス症は、サナダムシの仲間(扁形動物門条虫綱)のエキノコックスという寄生虫による病気です。エキノコックスは、成虫が主にキツネの腸に寄生しています。本来、ヒトの寄生虫ではありませんが、キツネの糞とともに排出された寄生虫の卵が、何かの機会に人の口に入りますと、肝臓などに幼虫が寄生して、肝機能障害などを起こすのです。

 感染してもすぐには症状が現れないため発見されにくいです。また発見されても、いまのところ手術で寄生部分を取り除くしか方法がないため、やっかいな病気とされています。日本では、この病気の発生はほとんど北海道に限られていますが、世界的にみれば、ヨーロッパ、アジア、北米など多くの地域で同じ病気が発生しています。

 いま北海道で、キツネと人間とのつきあい方を考えるとき、この病気の特徴が問題を複雑にしています。その特徴とは、一つに、目の前にいるキツネがエキノコックスを持っているかどうか、外見からはわからないということです。

 このため、多くの人はキツネを見ても、そこからエキノコックスの危険性を実感できません。また逆に、エキノコックス症を極端に恐れる人にとっては、すべてのキツネが恐怖の対象になってしまいます。

 もう一つは、逆説的になりますが、他の寄生虫症に比べればこの病気の発生率が低く、患者が少ないことです。このことはエキノコックス症に対する無知・無関心につながり、多くの人は、たとえば餌付けによってキツネを身近に引きつけることがいかに危険であるかに気づきません。これらの特徴のゆえに、最近の北海道では、キツネの駆除を依頼する人の隣家で、同じキツネに餌をやっていたりする事態も生じているのです。

 キツネとエキノコックスに関する研究は、世界各国で行われていますが、エキノコックス症の発生をゼロにできる決定的な対策はまだ見つかっていません。このような状況で、キツネとのつきあいにいま求められているのは、彼らがエキノコックスを持っている可能性を認めた上で、発生率の高くない病気にいたずらにおびえることなく、しかしあえて危険を呼び込むような行為はしないということでしょう。

週刊朝日百科 浦ロ宏二より

posted by ss at 18:06| キツネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キツネのさまざまな繁殖集団

キツネのさまざまな繁殖集団

 従来、キツネは一夫一妻で子育てをするとされてきました。
 しかし最近の、欧米そして日本における詳細な研究は、
 キツネの繁殖集団がさまざまな形態をとることを明らかにしています。

 たとえば、北海道でキツネの繁殖形態を集中的に研究した鈴木延夫氏らによれば、そのメンバー構成はさまざまでした。育児期における繁殖集団は母ギツネとその子が中核となりますが、これに雄や雌の成獣の一個体あるいは複数個体が同居した、いろいろな組合せの繁殖形態があることを示しています。

 九州におけるホンドギツネでは、雄は育児中の巣穴周辺に姿を見せることはほとんどありません。そのかわり、母と子ギツネのほかに一〜数頭の若い雌が同居しているケースが多いです。

 これらの非繁殖雌たちは、ほとんどの場合前年に生まれた、すなわち当歳子の姉たちです。彼女らは子ギツネたちへ餌を運んだり、人やイヌが近づいた時には警戒の音声を発し、子ギツネたちを守ろうとします。いわゆる、育児のお手伝いをするヘルパーです。


 一方、雄の方はどうでしょうか。

 九州において電波発信機をつけて追跡した雄の若獣たちは、十〜十一月にすべて遠くへ分散しました。このような若雄の分散は哺乳類に一般的にみられる現象であり、近親婚を防ぐ機構として知られています。若雌も分散することがあるがその範囲は狭く、母親のなわばり周辺に留まることが多いです。

 一般にキツネの繁殖集団は、
 なわばりをもって生活し、
 他の集団のなわばり内に
 侵入することはありません。


 特にこの傾向は繁殖雌同士の間に強いです。

 また一つの繁殖集団を構成するメンバー間には優劣関係がみられ、特に雌間では、繁殖雌が最優位です。ヘルパーたちが娘であれば当然のことでしょう。雄間でも優位な個体だけが雌と交尾できるといわれています。


キツネ(食肉目イヌ科キツネ属)

林縁部や森林と草原が入り組んだ環境、田園地帯などが好適です。
瞳孔は収縮すると垂直の針状となります。
妊娠期間五十余日、産子数二〜七頭、授乳期間約三ヵ月。
交尾期は冬季で、春先に子ギツネが誕生。
秋には独立し、その冬には性成熟を迎えます。

生態と社会 食性は雑食傾向が強く、野ネズミやノウサギ、鳥類、ヘビ、トカゲ、昆虫、果実類など。繁殖育児期には母と子ギツネを中心に、これに複数の成獣が加わった繁殖集団を形成します。雌の成獣のほとんどは前年に生まれた姉で、ヘルパーとして行動することが多いです。

posted by ss at 18:00| キツネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キツネの誕生から巣立ちまで

キツネの誕生から巣立ちまで

 キツネの交尾期は一月から三月下旬ですが、九州におけるホンドギツネでは約一ヵ月早く、十二月中旬から二月下旬となっています。五十余日の妊娠期間を経て二〜七頭、平均三〜四頭の子が誕生します。誕生直後の体重はおよそ百cほどで全身真っ黒、尾の先端だけが白いです。二週間ほどで目と耳が開き、さらに二週間たって巣穴の外に顔を見せるようになります。それまでの間、母ギツネは巣内で授乳しますが、その後は巣の外で行います。

 繁殖場所は空き家の床下や自然にできた洞穴、岩の割れ目など、子ギツネにとって安全な隠れ場所を利用しますが、ふつうは自分で巣穴を掘ることが多いです。キツネはアナグマMeles melesに劣らぬ穴掘り上手です。巣穴の出入口は一個から十個以上に達し、それらは内部でつながっています。

 トンネルは直径二十五〜三十aほどで、複雑な迷路や袋小路からなっています。最大級の巣穴では、トンネルをつないだ長さが三十b以上にもなります。

 大型の巣穴は、短期間のうちに掘られたものではなく、最初何らかのきっかけで掘られた短いトンネルが、一時的な隠れ場所として断続的に使われ、そのたびに拡張されて大きくなったものです。

 また巣穴は、周辺の環境に変化がないかぎり、長年にわたって断続的に使われ、世代から世代へ受け継がれます。長い例では、巣穴として三十五年以上利用されたものが記録されています。

 五月から六月になりますと、キツネの家族は巣穴から巣穴へ転々と移動します。九州では七月に入りますと、ほとんど巣穴を使用しなくなり、林や藪が昼間の隠れ場所となります。

 九月には、子ギツネたちの体重は成獣の五分の四ほどに達し、独立して単独生活をすることが多いです。昼間の隠れ場所も別々となります。

 そして十月から十一月のある日、雄の若獣たちは突然姿を消します。生まれ育った地域を出て、遠くへ分散していくのです。若雌たちは生まれた地域内にそのまま残ることが多いです。そして、雄も雌も冬には性的に成熟します。

posted by ss at 17:55| キツネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キツネの優れた適応力

キツネの優れた適応力

 キツネはその地理的分布にも表れているように非常に適応力に優れており、ほとんどどんなところにもすむことができます。海岸から高山、森林、半砂漠などその生息環境は実にさまざまです。イギリスでは、ロンドンなどの大都市の住宅地区に野生のキツネが多数住んでおり、アーバン・フォックス(urban fox)として知られています。

 昼間は宅地の庭や空き地、建物の陰、地下室などに潜んでおり、夜になるとうろつきまわります。鉄道の土手や小屋の床下などが繁殖場所になっているといいます。とにかく餌と繁殖場所さえあれば、キツネはどんなところでも生きていけます。

しかし本来的に好んで生息する環境は、
森林地帯の林縁部や草原と
森林が入り組んだ地域です。


 このような環境は人間の生活環境としても適しており、したがってヒトとキツネは古い時代からつきあいを続けており、日本では里山の動物として親しまれてきました。九州における調査によると、ホンドギツネは広い森林地帯をほとんど利用せず、田畑と草原、小さな森林、集落地などが複雑に入り組んだ環境に生息する傾向が強いです。

 キツネの体型は、もともと野ネズミなどの小動物を捕食しやすい形態に進化してきました。それは、草かげの小さな物音を聞き逃さない大きな耳や、素早い方向転換時に舵の役目をする長くて太い尾、細長い顎と鋭い犬歯などに示されています。

 獲物を襲うときの行動も独特で、高く跳び上がって頭上から襲います。獲物はどちらに逃げてよいかわからないうちに押さえ込まれてしまうというわけです。
 いわば野ネズミたちにとってプロの殺し屋です。


 しかし日本のキツネの食性は、野ネズミやノウサギ、鳥類、爬虫類などの脊椎動物のほか、昆虫類から果実類、穀物類などと非常に幅広いです。そのため地方によっては、スイカやトウモロコシが食害を受けているところもあります。また北海道の酪農地帯では捨てられたウシの胎盤が、そして九州では集落で出される残飯が重要な食物源ともなっています。

posted by ss at 17:44| キツネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

キツネ

アカギツネ(赤狐、Vulpes vulpes)は、ネコ目イヌ科キツネ属に属する哺乳動物の1種。全北区を中心に世界中に広く分布し、日本には、他のキツネ属の動物は自然分布しないため、日本語で単に「キツネ」というときは、通常アカギツネを指します。

 アカギツネVulpes unlpesは、キツネ属9種の中でもっともポピュラーな種です。その分布は食肉類中もっとも広く、北半球のほとんど全域にわたっています。オーストラリアにも19世紀末に導入され、現在ではかなりの数に増えています。北海道に生息するキタキツネV.v.schrenckiと本州・四国・九州のホンドギツネV.v.japonicaは、アカギツネの亜種です。

 アカギツネは適応力に優れており、ほとんどどんなところにもすむことができます。海岸から高山、森林、半砂漠などその生息環境は実にさまざまです。イギリスでは、ロンドンなどの大都市の住宅地区に野生のアカギツネが多数住んでいます。

 とにかく餌と繁殖場所さえあれば、アカギツネはどんなところでも生きていけます。しかし本来的に好んで生息する環境は、森林地帯の林縁部や草原と森林が入り組んだ地域です。

 このような環境は人間の生活環境としても適しており、したがってヒトとキツネは古い時代からつきあいを続けており、日本では里山の動物として親しまれてきました。九州における調査によると、ホンドギツネは広い森林地帯をほとんど利用せず、田畑と草原、小さな森林、集落地などが複雑に入り組んだ環境に生息する傾向が強いです。

 アカギツネの体型は、もともと野ネズミなどの小動物を捕食しやすい形態に進化してきました。それは、草かげの小さな物音を聞き逃さない大きな耳や、素早い方向転換時に舵の役目をする長くて太い尾、細長い顎と鋭い犬歯などに示されています。獲物を襲うときの行動も独特で、高く跳び上がって頭上から襲います。獲物はどちらに逃げてよいかわからないうちに押さえ込まれてしまうというわけです。いわば野ネズミたちにとってプロの殺し屋です。

 しかし日本のアカギツネの食性は、野ネズミやノウサギ、鳥類、爬虫類などの脊椎動物のほか、昆虫類から果実類、穀物類などと非常に幅広いです。そのため地方によっては、スイカやトウモロコシが食害を受けているところもあります。また北海道の酪農地帯では捨てられたウシの胎盤が、そして九州では集落で出される残飯が重要な食物源ともなっています。

 主に夜間と黄昏時に最も活動的です。狩りは単独で行うのが普通であり、食べきれない獲物を獲た場合は、それを埋めます。普通は各々の縄張を持ち、単独で生活し、冬にのみペアを形成し生活します。縄張の面積は50km2程と考えられており、食料の豊富な場所ではより狭くなります。縄張内には複数の巣穴があり、平和的に捕食動物と巣穴を共有することもあります。

 冬になりますと、主に一夫一婦制でペアを作り、子供を協力して育てます。仔ギツネたちは、約8−10か月で成熟と共に巣立ちます。しかしながら、複婚の習性もあります。
posted by ss at 23:41| キツネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。